ブログ Blog

忘れていませんか?おたふくかぜワクチン

nurse


インフルエンザ対策に関心の集まる季節ですが・・・・・
あえて今回は任意接種に含まれている、定期接種と同じくらい大切なワクチンであるおたふくかぜワクチンについてお話しします。
皆さんはおたふくかぜという病気をご存知ですか?おたふくかぜと聞きどのようなイメージをお持ちですか?
私自身お恥ずかしい話ですが……小学生の頃におたふくかぜに罹り、耳下腺が腫れて痛くて数日間はほとんど何も食べられず、辛かったのを今でも鮮明に覚えています。

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)は、ムンプスウィルスによる感染症です。
感染経路は唾液を介した飛沫感染です。主な症状は発熱や顎・耳下腺の痛み・腫れです。
かかりやすい年齢は3歳~7歳で、保育園や幼稚園・小学校等の集団生活で感染する機会が増えると考えられています。おたふくかぜに罹ってしまうと、有効な治療薬はなく自然に治るのを待つのみです。

おたふくかぜは、発熱がなかったり、耳下腺の腫れや痛みの症状が出ない(不顕性感染)場合もあるため、軽い病気と思われがちです。
しかし、実際には様々な合併症を伴うことがあります。髄膜炎や脳炎・脳症などの神経の合併症がみられます。
髄膜炎は10~100人に1人の割合でみられます。脳炎・脳症の合併は稀ですが、後遺症を残すことがあり、時には死に至る場合もあります。
他にも難聴(1000人に1人の割合)や精巣炎・卵巣炎・膵炎などの合併症があります。妊婦さんが感染すると流産の危険率が高くなります。
このように、おたふくかぜは様々な合併症を伴うことがある怖い病気のひとつといえます。
でもご安心下さい! おたふくかぜは、ワクチン接種によって予防(かかりにくく)することができます!

ワワチン接種時期は、1歳のお誕生日を過ぎてからと、小学校入学前1年間の2回接種が推奨されています。
この推奨時期を過ぎてしまってもワクチン接種は可能です。
現在、おたふくかぜワクチンは、定期接種には組み込まれておらず任意接種となっているため、ワクチン接種を受けていない方、受けそびれてしまったという方、ワクチンを1回しか受けてないおいう方等、おたふくかぜにワクチンについて、ご質問やご不明な点がある方はお気軽にご相談下さい。

 

※参考~日本小児科学会の「知っておきたいわくちん情報」~おたふくかぜワクチンNo.17発行
日本小児科学会 2018/03作成Ver.1

 

若杉

コメントを残す